*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京セラ1日目
昨日の京セラ1日目

幸せうちわも結構あったとか・・・

そして一番嬉しいのが、メンバー全員から反応してもらえた事を報告していただきました。

特に昨日は亀梨くんから反応を返してもらえた方が多かったです。

これだけ重なれば偶然じゃなく伝えたい気持ちは届いたのかなぁ・・・と

あたしも早く参戦したいなぁ


初日終了
KAT-TUNのメンバー、スタッフさん、新潟魂に参戦された皆さん

天候が心配でしたが、無事に公演が終わり良かったですね

レポもたくさん上がっているようで、ゆっくり見て回ろうかなぁと思っています。



昨日新潟魂に参戦された数人の方から企画の報告を受けました。

席によって参加者が少ない?と思われた方と、たくさんいたよって人がいらっしゃいました。

最初の公演なので様子見の人も多いみたいなので、今後少しずつ参加者が増えていったらいいなと思っています。

メンバーに参加者の思い届いていたらいいな



この企画に参加される方へ

【 ご協力のお願い 】

お友達と一緒に「幸せうちわ」で顔を隠した写真を撮り

公演後にツイッターやブログにUPして企画の宣伝に協力して貰えませんか?

様子を見て参加するかを決めようと思ってる方もいると思うので

少しでも企画の雰囲気が伝わるのではないかと思っているのですが

あたしが参戦するのは最後の方の公演なので

お友達との写真をUPする事が出来ません。

なのでご協力いただけないでしょうか?

どうぞ宜しくお願いいたします。


幸せうちわの作り方
「うちわを作った事がない」「うちわを作るのが苦手」というコメントをよく目にするので、不器用なあたしがお友達に教えてもらった、パソコンを使って作る方法をここで説明しようと思います。

材料は100円ショップで買えるので、お近くに100円ショップがある方は利用してみてください。

100円ショップ以外では、東急ハンズ、ネットで購入できます。


≪基本的なうちわの作り方≫

用意する材料

・黒うちわ(公式うちわと同じか小さいサイズ)
黄色の蛍光シート(B4サイズ)
 裏がシールになってるタイプが作りやすいです
・試し刷り用の白い紙(A4でもB5でも可)
・ハサミ
・カッターナイフ、またはカミソリ
・パソコンとプリンター


F1000533.jpg

1、まずは下の画像をダブルクリックして開いてください。
(白いので分かりにくいですが)

***********************************
163526e3d.jpg
***********************************



2、開いたらまず試し刷りを行います。
白い紙をプリンターにセットし、印刷する用紙のサイズを「B5」に設定して印刷してください。
すると下のように印刷されると思います。
下の紙はA4用紙に印刷しています。

F1000534.jpg


3、次に蛍光シートを半分に切りB5サイズ2枚にします。
これと試し刷りした紙を重ね合わせ、はみ出ていないかを確認してください。

F1000535.jpg

4、切ったB5サイズの蛍光シートを白い面に印刷されるようにセットします。
文字は反転して印刷されるので、必ず白い面をセットしてください。

するとこんな感じに印刷されます。

F1000536.jpg


5、これをハサミとカッターを使って切り抜き、シールを剥してうちわに張り付けると出来上がりです。
(写真はまだ貼り付けていません)

F1000537.jpg



この基本の「幸せ」の文字に飾りをつけるとオリジナル感が出ると思います。
ちなみに去年お友達と作ったうちわの画像です。
右の下手くそなのがあたしの作ったうちわです(笑)

F1000538.jpg

説明が下手なので上手く伝わったか分かりませんが、こんな手順で作っています。
参考になればいいのですが・・・。
ぜひチャレンジしてみてください。


そら


成功って何?
偶然目にしたこの企画に対してのコメント

「成功なんてする訳ない」

最初から批判や反対があるのは覚悟しているから、ショックとかはない。

だけど何をもって成功って云うんだろうと疑問に思った。

この人が言う「成功」ってなんだろう?

会場を「幸せの黄色いうちわ」で埋め尽くすことなんだろうか?

もしそれを「成功」と云うのなら、100%無理だろう

でもあたしはそれが「成功」だとは思っていません。

例え参加者が少なくても構わない。

メンバーに思いが伝われば、それでいいんです。

「何も言わなくても伝わる」

そう考える人もいるでしょう。

でも形にして伝えたい思いがある事も分かってください。

それには、一人でも参加者が多い方が伝わりやすいんです。

それに日本ではこういう企画は成功しないと言われているからこそ、挑戦してみたいのです。

あたしの自己満足なのかもしれません。

でも一人でも共感してくれる方がいる限り、あたしはこの企画を進めていきます。

参加、協力して下さる方を募集し続けます。

なので、少しでも興味を持たれた方は是非参加、協力をお願いいたします。

ツアーが無事終わるまで、地道に広めていけたらなと思っています。



なんだか言いたい事がうまく言葉に出来ませんが、今のあたしが言える精いっぱいです。

ちゃんと伝わるといいなぁ。



そら

プロフィール

 そら

Author: そら
企画発案者のそらです
どうぞ、よろしく!

最新コメント
総カウンター
なうカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。